投資運用実績

資産運用残高推移

2004年にレジデンシャル・ファンドを組成・運用開始して以来、オフィスビル・商業施設を対象としたファンドも数多く組成・運用。
安定運用型のコアファンドを中心とした投資運用を実現しています。

資産運用残高は、当社がAM契約を締結している資産の取得価格及びAM契約締結時点における評価額の合計を示しています。(数値は年度末【3月末】時点)なお、2017年4月1日付で私募REITの運用部門が東急不動産リートマネジメント株式会社に移管されたため、2017年度期初の資産運用残高は、私募ファンドのみとなっています。

主な運用実績

2004年3月
東急不動産が初めての住宅プライベートファンド組成
2005年4月
東急不動産が初めての商業プライベートファンド組成
2007年2月
東急不動産キャピタル・マネジメント株式会社設立
2007年7月
東急不動産から、プライベートファンド業務を移管
2007年9月
商業プライベートファンド組成[当社設立後、初の組成ファンド]
2007年12月
東急不動産組成オフィスファンドのAM業務受託 [東急不動産より業務移管]
2008年1月
住宅プライベートファンド組成[都心大規模賃貸住宅を対象]
2008年1月
運用資産残高が初めて4,000億円を超過
2009年4月
他社組成ファンドのAM業務受託 [都心型商業施設を対象]
2009年8月
オフィスプライベートファンド組成 [都心のSクラスオフィスを対象]
2010年3月
住宅プライベートファンド組成 [フルエクイティ・ファンド]
2011年12月
他社組成ファンドのAM業務受託[地方都市の大型アウトレットモールを対象]
2012年9月
住宅プライベートファンド組成[国内年金基金向け]
2013年11月
物流プライベートファンド組成[都心近郊物流施設を対象]
2014年3月
私募リート「ブローディア・プライベート投資法人」運用開始
2015年9月
東急不動産100%出資SPC(全30SPC)のAM業務受託
2015年9月
運用資産残高が9,000億円を超過
2016年3月
ブローディア・プライベート投資法人の運用資産残高が1,000億円を超過
2017年4月
ブローディア・プライベート投資法人の運用業務を東急不動産リート・マネジメントへ移管
投資運用方針
  • 基本運用方針
  • 投資運用実績
  • 運用資産のご案内
PAGE TOP